メインイメージ

宅建が就職に有利な理由

このページでは、宅建主任者が不動産業界への就職に有利である理由について、あらためて考えてみたいと思います。

「就職に有利」というのはあくまでも求職者の側からの見方になりますが、これを企業の側に置き換えると、「宅建主任者の採用ニーズが高い」ということになります。

ではなぜ、不動産会社は宅建主任者を採用したいと考えているのか?

宅建主任者というのは難関の宅建試験に合格しているわけですから、不動産に関する専門的知識をそなえているということも大きな理由ではあるのですが、それに加えて「設置義務」と「独占業務」があるからなんです。

まず「設置義務」について解説します。
不動産の売買というのは、他の買い物と比べて高額、かつ権利関係が複雑になっています。そのため、不動産に関する専門的知識を持たない一般の人でも安心して売買を行えるように、不動産会社には、宅建主任者を設置することが法律によって定められています。具体的には、不動産会社の事務所であれば従業者5人に対して1人以上、モデルルームなどの案内所であれば少なくとも1人以上の宅建主任者を設置しなくてはなりません。
この「設置義務」があるからこそ、不動産会社は宅建主任者を採用したいとまずは考えるわけです。

次に「独占業務」について解説します。
資格のなかには独占業務が「ある資格」と「ない資格」がありますが、宅建は「ある資格」となります。そして言うまでもありませんが、この独占業務というのは、有資格者でなければすることができない業務のことを言います。

宅建の独占業務は「重要事項の説明」「重要事項説明書への記名押印」「契約書への記名押印」の3つを指しますが、これらは、不動産の売買契約を行ううえで欠かすことのできない手続きとなります。つまり、これらの業務を唯一行える宅建主任者なしには、不動産会社の経営が成り立たないことを意味します。
だからこそ、不動産会社は宅建主任者を採用したいと考えるわけです。

「設置義務」と「独占業務」の背景がわかると、宅建主任者が不動産業界の就職に有利であることにも、大きくうなずけますよね。

宅建主任者のための就職応援サイト