メインイメージ

宅建主任者が身につけたいスキル

宅建主任者は、不動産に関する専門的知識を持ち、なおかつ法的にも「設置義務」と「独占業務」によって守られているわけですから、不動産業界への就職に有利であることは間違いありません。しかし、そうした有利な立場をただ座して受け入れているだけでは、就職するところまでは良くても、その後の活躍はままなりません。
そこでこのページでは、不動産会社に就職した後に宅建主任者がぜひとも身につけたいスキルについて述べていきたいと思います。

不動産会社に就職した宅建主任者がまず身につけたいスキルは、営業スキルです。
「不動産会社の待遇・給与」のページでも少し触れましたが、特に中小規模の不動産会社の場合には歩合給の割合が高くなっているため、この営業スキルは給与に直結します。「固定給だけでは食べていけない」という声も聞くくらいですから、営業スキルの有無は死活問題と言っても過言ではありません。

具体的な営業スキルとしては、相手の要望を的確に聞き取るヒアリング・スキルや、売買の決断を促すクロージング・スキルなどがありますが、こうした技術的な部分もさることながら、高額な買い物となる不動産業界では、お客さんの信頼を勝ち得るような、より根本的な接客スキルが大事になってきます。

たとえば物件の現地案内を例にとっても、案内する物件をきちんと選別したうえで事前に下見も済ませておくといった準備段階から、じっくりと見学してもらったうえで必要な情報を適宜提供するといった当日の対応の仕方、そして案内後のフォローに至るまで、どれくらい丁寧に行えるかによって、お客さんの印象、ひいては不動産会社でのあなたの活躍はまったく違ってきます。

そして、もうひとつぜひとも身につけたいのがコンサルティングスキルです。
一昔前の不動産会社は、圧倒的な情報量を背景に、その中から好きな物件をお客さんにただ選んでもらえば良かったのですが、インターネット上に物件情報が溢れ返る現在においては、そうした営業スタイルはもはや通用しません。

そこで、不動産会社に就職した宅建主任者には、単なる情報提供にとどまらず、お客さんが今抱えている悩みに対する解決策の提示や、新しい価値観の提供などが求められるわけです。この仕事はまさに、営業マンというよりは、コンサルタントの仕事に近いと言えるでしょう。

宅建主任者のための就職応援サイト